■「3つの特徴」「導入企業の生の声」「作成の流れ」(3分50秒)

■体験入社動画とは?

体験入社モデルが求人企業に1日体験入社をして「社風やメンバーの雰囲気」「実際の仕事内容」「働き方のスタイル」といった、求職者が欲しているリアルな情報をお伝えします。サービスリリースから約半年で、東証一部上場企業やメーカー、IT企業に導入いただいてます。

■体験入社動画を導入いただく「5つの理由」

【1】文章では伝えることが難しい、自社の魅力「メンバーの雰囲気」「実際の仕事内容」「働き方のスタイル」を伝えられる。

【2】既存の採用チャネル(求人サイト、スカウトメール、人材紹介、リファラル採用など)の採用人数を増やすことができる。体験入社動画は様々な採用チャネルで自由活用できます。

【3】選考過程の候補者に動画を見てもらうことで入社意欲を高められる。

【4】体験入社モデルによるウィンザー効果(当事者からよりも、第三者からの情報の方が信頼性が高まる効果)が得られる。

【5】企業広報のコンテンツとしても自由活用できる。

■体験入社動画で解決できる採用課題

【コンサルタント職】株式会社SHIFT(東証一部上場 IT企業)

【制作ポイント】

株式会社SHIFTはソフトウェアの品質保証を行う専門企業です。正直、『品質保証』という単語から具体的な事業内容を推測できる人は少ない可能性が高いです。その課題を解決するために、品質保証コンサルタントの具体的な仕事内容や働くメンバーのリアルな声を伝えています。動画を見た後には、株式会社SHIFTのイメージが変わる内容になっています。

【エンジニア職】ウェルスナビ株式会社(東証マザーズ上場 フィンテック企業)

【制作ポイント】

ウェルスナビ株式会社はエンジニア職を積極採用しています。エンジニアは転職をする際「エンジニアメンバーの雰囲気」「実際の開発環境」を知りたいニーズがあります。しかし、採用活動のオンライン化が進む中、それを伝えることが特に難しくなりました。その課題を解決するために「エンジニアメンバーとのランチ」「プロダクトミーティング」のシーンなどを通じて、エンジニアが転職をする際に知りたいリアルな情報を発信してます。

【営業職】株式会社リブセンス(東証一部上場 IT企業) 

【制作ポイント】

リブセンスSQL

代表の村上氏が史上最年少で東証一部に上場した会社としても知られている株式会社リブセンス。そんな株式会社リブセンスの営業職には大きな特徴があります。それは、エンジニアだけではなく営業職もSQL(データベース言語)を活用し、データ分析を行い顧客の課題解決をしていることです。「セールスチームの体験」や大手住宅メーカーへの「実際の営業見学」シーンを通じて、自社の特徴をリアルに伝えてます。

【技術職】アペックス株式会社(半導体製造装置メーカー)

【制作ポイント】

アペックス株式会社は世界レベルの技術力を誇る日本を代表するメーカーです。しかし「技術力」や「製品の情報」を求人情報の文章で伝えるのがとても難しいという課題を抱えていました。その課題を解決するために「製造工場の見学」「製品を扱うメンバーとのランチ」のシーンなどを通じて、文章では伝えることが難しい自社の魅力を伝えています。

【エンジニア職】SOELU株式会社(日本最大級のオンラインフィットネス運営 ITベンチャー企業)

【制作ポイント】

SOELU株式会社、リモート体験入社スケジュール

新型コロナウイルスの影響でリモートワークがニューノーマルな働き方となる中、SOELU株式会社でのリモートワークを疑似体験できる採用動画になっています。SOELU株式会社はエンジニア職を積極採用中です。エンジニアが転職の際に気になる「開発環境、ソースコード」「エンジニアメンバーの人柄」「リモートワーク環境」など、面接だけでは分からないリアルな情報もつっこんで発信してます。

■体験入社動画 オンライン相談フォーム

体験入社動画は貴社の採用課題を解決できる新しいサービスです。
お気軽にご相談下さい。オンライン相談にて解決させていただきます。

    【相談内容(複数選択可)】

    「プライバシーポリシー」に同意して

    ■【3分でわかる】採用動画制作の3つのコツ

    【3分でわかる】採用動画制作の3つのコツはこちらより

    【3分でわかる】採用動画制作の3つのコツ