転職のミスマッチ・ギャップの原因とは?

転職のミスマッチ・ギャップ

こんにちは、体験入社事務局です。
「転職のミスマッチ・ギャップの原因とは?」をご覧いただきありがとうございます。

体験入社エージェントのキャリアアドバイザーが、

あなたが転職後に感じている、

「会社の雰囲気が思っていた雰囲気と違う」

「仕事内容が思っていた内容と違う」

「労働環境が思っていたのと違う」

という気持ちを解決し、今後やるべきことを紹介させていただきます!

目次

▶ 転職のミスマッチ・ギャップとは?

▶ 転職のミスマッチ・ギャップの原因

▶ 転職のミスマッチ・ギャップが生じているあなたが、やるべきこと

■転職のミスマッチ・ギャップとは?

あなたは、なぜ、
転職のミスマッチ・ギャップを感じているのでしょうか?

まず、転職のミスマッチ・ギャップとは、どのような状態を指すのかを整理しましょう。

【転職のミスマッチ・ギャップとは、どのような状態を指すのか?】

転職のミスマッチ・ギャップとは、次の状態を指すと考えられます。

〈状態①〉

・自分の能力を思っていたより発揮できない

・仕事内容が思っていた内容と違う

 →仕事内容のミスマッチ・ギャップ

〈状態②〉

・一緒に働くメンバーと合わない

・社風、職場の雰囲気が合わない

 →社風・人間関係のミスマッチ・ギャップ

〈状態③〉

・休日が思っていたより少ない

・残業が思っていたよりに多い

・給与が思っていたより少ない

 →労働条件のミスマッチ・ギャップ

以上でございます。

あなたは、どの状態でしょうか?

状態を明確にできたら、
次は「なぜ、転職のミスマッチ・ギャップが生じるのか」をご紹介させていただきます。

■転職のミスマッチ・ギャップの原因

転職のミスマッチ・ギャップには、もちろん原因があります。

私たちより、考えられる原因をご紹介させていただきます。

【ミスマッチ・ギャップが生まれる原因とは?】

それぞれの原因について、ご紹介させていただきます。

〈仕事内容のミスマッチ・ギャップの原因〉

・求人情報に記載されている内容と実際に働いた時の内容が異なっている

・記載されている内容はあっているが仕事内容の詳細を理解していなかった

〈社風・人間関係のミスマッチ・ギャップの原因〉

・求人情報に記載されている社風・人間関係をそのまま信じてしまった

・選考過程において社風・人間関係を自分で直接確かめなかった

労働条件のミスマッチ・ギャップの原因〉

・入社前に労働条件通知書を確認しなかった

・入社前に労働条件通知書は確認したが実際に働いた時の内容が異なっている

以上のような原因で、転職のミスマッチ・ギャップが生じていると考えられます。

原因については理解できたものの、すでに転職のミスマッチ・ギャップが生じている方は、どうすればいいのかと、感じているかもしれません。

そんなあなたが、やるべきことを紹介させていただきます!

■転職のミスマッチ・ギャップが生じているあなたが、やるべきこと

あなたには、2つの選択肢があると考えられます。

【1】現職のまま、ミスマッチ・ギャップを改善する、乗り越える

【2】転職をして、ミスマッチ・ギャップを解決する。その場合、再度ミスマッチ・ギャップがないようにする

それぞれに対して、やるべきことは次の通りです。

【1】現職のまま、ミスマッチ・ギャップを改善する、乗り越える

〈改善する〉

改善できる可能性がある、ミスマッチ・ギャップがあります。

それは、「労働条件のミスマッチ・ギャップ」です。

思っていた残業時間、休日休暇、給与とミスマッチ・ギャップがあった場合、人事や労務に相談をしてみましょう。相談次第では、改善できる可能性があります。特に最近は「働き方改革」で労働環境についての、企業の意識が高まっています。そのため、「労働条件のミスマッチ・ギャップ」があった場合は、あきらめずに、人事や労務に相談してみることをおすすめします。

〈乗り越える〉

「仕事内容のミスマッチ・ギャップ」「社風・人間関係のミスマッチ・ギャップ」は改善の可能性が低いです。労働条件のように条件面は改善でき可能性がありますが、仕事 内容や社風・人間関係は改善が難しいと考えられます。そのため、改善しようとするのではなく、あなた自身がミスマッチ・ギャップを乗り越えることの方が建設的です。

人間のDNAに組み込まれている環境適応力は、自身が思っている以上に高く、ミスマッチ・ギャップを感じていても、一定期間その環境で過ごすと慣れてくるものです。そのため、一定期間その環境で過ごし、様子を見ているというのも一つの手段ではあります。

しかし、環境に適応するにあたってのストレスの感じ方は人によって異なるため、ストレス度合を踏まえ様子を見ることが大切です。

【2】転職をして、ミスマッチ・ギャップを解決する。その場合、再度ミスマッチ・ギャップがないようにする

〈転職する〉

「【1】現職のまま、ミスマッチ・ギャップを改善する、乗り越える」が難しいと感じた場合は、転職によるミスマッチ・ギャップの解決をおすすめします。

その場合、再度ミスマッチ・ギャップがないように気をつける必要があります。

再度ミスマッチ・ギャップがないようにするためには、まず今回、ミスマッチ・ギャップが生じてしまった原因を明確にます。その原因を踏まえ、転職活動を行います。

そして、転職活動の際に最も重要なことがあります。

それは、

 

「二次情報ではなく、一次情報を取得することです!」

 

???

 

二次情報?

 

一次情報?

 

二次情報、一次情報といわれてもよくわからないですよね?

それでは、私たちより一次情報、二次情報についてご説明させていただきます!

【一次情報とは?】

・目、耳、鼻、口、皮膚の五感で、本人が直接体験して手に入れた情報

・一次情報の特徴は、二次情報に比べて圧倒的に価値があること

・二次情報と比べると、情報を手に入れるのがとても難しい

【二次情報とは?】

・一次情報は本人が直接体験した手に入れた情報に対し、二次情報は他者を通して得た情報

・二次情報の特徴は、誰でも簡単に手に入れられること

・一次情報に比べると、情報の価値がとても低い

転職活動における一次情報、二次情報とは具体的になんでしょう?

【転職活動における一次情報】

・自分で直接確かめた仕事内容

・自分で直接確かめた働いている人の雰囲気・社風

・自分で直接確かめた労働条件
(給与・賞与、残業時間、休日休暇など)

【転職活動における二次情報】

・転職サイトの求人情報

・人材紹介のキャリアコンサルタントからの情報

・転職口コミサイトの情報

再度、同じ失敗を繰り返さないために、
転職のミスマッチ・ギャップの原因を、一次情報、二次情報に分類してみましょう!

〈仕事内容のミスマッチ・ギャップの原因〉

・求人情報に記載されている内容と実際に働いた時の内容が異なっている

→求人情報に記載されている内容は二次情報

・記載されている内容はあっているが仕事内容の詳細を理解していなかった

→詳細を自分で直接確かめていれば一次情報の取得

〈社風・人間関係のミスマッチ・ギャップの原因〉

・求人情報に記載されている社風・人間関係をそのまま信じてしまった

→求人情報に記載されている内容は二次情報

・選考過程において社風・人間関係を自分で直接確かめなかった

→社風・人間関係を自分で直接確かめていれば一次情報の取得

〈労働条件のミスマッチ・ギャップの原因〉

・入社前に労働条件通知書を確認しなかった

→労働条件通知書を自分で直接確かめていれば一次情報の取得

・入社前に労働条件通知書は確認したが実際に働いた時の内容が異なっている

→労働条件通知書に記載されている残業時間や休日休暇など守られているか、働いている人に直接確かめれば、さらに価値の高い一次情報の取得

あなたは、もうお気づきになりましたでしょうか?

 

一次情報の取得が、転職のミスマッチ・ギャップをなくすためには、一番重要であることに。

 

一次情報を取得すれば、ミスマッチ・ギャップがなくなり、あなたが満足いく転職を実現できる可能性が高まります。

逆に、二次情報のみで判断すると、再度失敗を繰り返す可能性が高いです!

一次情報を確かめる効果は、採用理論「RJP理論」でも証明されています。

そこであなたが疑問に感じているのが、

 

「どのようにして一次情報を確かめればいいのか?」

ということではないでしょうか?

 

一次情報を確かめるためには、

一次情報を取得できる機会をつくることです。

 

具体的には、企業へ交渉して職場見学・体験入社などの一次情報を取得できる機会をつくることです。

 

しかし、自分で交渉して機会をつくるのは、正直なかなか大変ですよね、、

 

そこで「体験入社事務局」では、仕事のリアルな情報が見られる転職サイト【体験入社】を運営させていただいおります。転職サイト【体験入社】では、掲載されている全ての求人で体験入社・職場見学ができます。そのため、選考過程において一次情報を取得し、転職成功の可能性を大きく高められます。

【公式】体験入社ロゴ

■キャリア相談なら『体験入社エージェント』

TOP画像①仕事のリアルな情報が見られる転職サイト『体験入社』

『体験入社エージェント』は、入社後のマッチングを第一に考えた転職エージェントサービスです。
体験入社・職場見学ができる求人紹介、求人企業のリアルな情報を提供し、入社後のミスマッチを防止します。
キャリアアドバイザーが、心理学に基づいたキャリアカウンセリングをあなたの希望に合わせて行います

〈キャリアカウンセリング例〉
・人生設計、適職診断を踏まえた、今後のキャリアプランのカウンセリング
・あなたに合う「社風やカルチャー」「仕事内容」「労働条件」をカウンセリング
・転職するべきかのカウンセリング など

『体験入社エージェント』の詳しい情報はこちら

【体験入社エージェント】適職に巡り合い、仕事の喜びを感じる人を増やす

体験入社動画について

体験入社動画は、今までにない新しいサービスです。

体験入社モデルが求人企業に1日体験入社をして「どんな社風・どんな人が働いているのか」「どんな仕事内容なのか」「どんな働き方のスタイルなのか」といった、普段は見ることができない仕事のリアルな情報をお伝えします。

・体験入社動画例

【企業名】
株式会社リブセンス

【タイトル】
「新しい働き方のスタイル 体験入社」

代表の村上氏が史上最年少で東証一部に上場した会社としても知られているリブセンス。「リアルな仕事内容」「働いている人の雰囲気」「新しい働き方のスタイル」についてお伝えします!

【株式会社リブセンス求人URL】
リブセンスの求人情報はこちらより

◆ブランドミッション(Brand Mission)◆
「適職に巡り合い、仕事の喜びを感じる人を増やす」