RJP理論の4つの効果

RJP理論とは

こんにちは、体験入社事務局・代表の松本です。
「RJP理論の4つの効果」をご覧いただきありがとうございます。

体験入社事務局は人材業界を経験しているメンバーにより構成されています。
そのため、「RJP」に関する知識は豊富にあります。

そんな体験入社事務局が、

あなたの

「RJP理論について知りたい」

「RJP理論の効果とは?」

「RJP理論の活用方法を知りたい」

という気持ちを解決させていただきます!

目次

▶ RJP理論とは?

▶ RJP理論の4つの効果

▶ RJP理論が注目されている理由

▶ RJP理論を活用した、2つの施策

■RJP理論とは?

「RJP」とは、Realistic Job Preview(リアリスティック ジョブ プレビュー)の略です。

Realistic Job Previewを直訳すると「現実的な仕事情報の事前開示」という意味です。

それでは、RJP理論とは具体的にどのような内容なのでしょうか?

【RJP理論について】

「RJP」はアメリカの産業心理学者ジョン・ワナウス氏により提唱された採用理論です。
企業が採用活動の時に、良い面だけでなく悪い面も含めたリアルな情報を提供することをいいます。
これにより、入社後の現実と入社前のイメージとのギャップを減らし、採用のミスマッチが軽減され定着率を向上させる効果が確認されています。
RJPには求職者に対して、具体的に4つの効果があります。

■RJP理論の4つの効果

4つの効果について紹介させていただきます。

【ワクチン効果】

事前に免疫を作っておく効果です。
リアルな情報を提供することにより、職場や仕事に対する過剰な期待を事前に緩和し入社後のギャップを軽減します。

【スクリーニング効果】

リアルな情報を含めた十分な情報を得ることにより、自分に適している企業かどうかを判断できる効果です。

【コミットメント効果】

リアルな情報・ありのままの情報を開示することで、誠実さを感じさせ企業への信頼度・愛着心が高まる効果です。
人間関係に例えるとわかりやすいと思います。
相手からありのままを隠さず素直に話されると、信頼度・愛着心が高まるのと同じ効果です。

【役割明確化効果】

入社後に何を期待しているか明確に伝えることで、入社後の働くイメージがしやすく仕事への意欲向上につながる効果です。

■RJP理論が注目されている理由

なぜ、今「RJP」が注目されているのでしょうか?

昨今、有効求人倍率は過去最高水準を記録しています。需要が高い職種は、今後さらに有効求人倍率が高まり、1求職者あたりの求人数が増加し、人材採用の競争が発生するこが見込まれます。

また、労働力人口の減少が猛スピードで進行していきます。2016年は6,648万人いた労働人口が、2030年には5,880万人、2060年には4,157万人まで減少すると見込まれてます(みずほ総合研究所より)。
年間転職者数は約311万人(総務省統計局より)なので、2016年から2030年までの約800万人の労働力人口の減少は大きな影響だと考えられます。

これからの時代、「採用数の確保」は一段と難しくなり、採用した人材の「定着率・エンゲージメントの向上」に注力し、量から質にシフトチェンジする必要があるからです。

RJP理論を活用すれば、採用した人材の定着率・エンゲージメントが向上するとが採用理論でも証明されています。
では、貴社の採用活動において、どのようにRJP理論を活用すればいいのでしょうか?
私たちより、2つの施策をご紹介させていただきます。

■RJP理論を活用した、2つの施策

RJP理論を活用した、2つの施策を紹介させていただきます。

【1】求人情報に悪い面も記載する

求職者は、求人情報を見て、求人への応募を判断します。

そのため、求人情報に良い面ばかり記載されていたり、情報が誇張されていると貴社に対する期待が大きくなります。
記載した内容が期待通り実現できるのであれば問題ありませんが、それが難しい場合は現実的な内容や良い面の反面の悪い面も記載する必要があります。

求人情報では「良い面だけでなく悪い面も含めたリアルな情報」を記載しましょう。

【2】選考過程に一次情報取得の機会を創る

求人情報に記載した「リアルな情報」は、求職者からしたら二次情報です。
そのため、「リアルな情報」を見た上で応募してくた求職者には、一次情報を取得できる機会を創ることが採用のミスマッチを防ぐためには重要です。

【一次情報とは?】

・目、耳、鼻、口、皮膚の五感で、本人が直接体験して手に入れた情報

・一次情報の特徴は、二次情報に比べて圧倒的に価値があること

・二次情報と比べると、情報を手に入れるのがとても難しい

【二次情報とは?】

・一次情報は本人が直接体験した手に入れた情報に対し、二次情報は他者を通して得た情報

・二次情報の特徴は、誰でも簡単に手に入れられること

・一次情報に比べると、情報の価値がとても低い

転職活動における一次情報、二次情報とは具体的になんでしょう?

【転職活動における一次情報】

・自分で直接確かめた仕事内容

・自分で直接確かめた働いている人の雰囲気・社風

・自分で直接確かめた労働条件
(給与・賞与、残業時間、休日休暇など)

【転職活動における二次情報】

・転職サイトの求人情報

・人材紹介のキャリアコンサルタントからの情報

・転職口コミサイトの情報

以上、求人情報にリアルな情報を記載し、選考過程で一次情報を取得できる機会を創ることにより、RJP理論の実現ができ、採用した人材の定着率・エンゲージメントを向上させることができます。

■体験入社・職場見学ができる転職サイト『体験入社』について

転職サイト【体験入社】トップ画像(体験入社・職場見学で確かめれば、適職に巡り合えます)

【ブランドミッション(Brand Mission)】
「適職に巡り合い、仕事の喜びを感じる人を増やす」

体験入社・職場見学ができる転職サイト『体験入社』は、入社後のマッチングを第一に考えたサービスです。
全ての求人で、体験入社(半日〜1日体験入社、リモート体験入社)や職場見学ができます。
体験入社や職場見学を実施するタイミングは、面接合格後などです。

体験入社・職場見学を行うことにより、求職者さんは、採用前に「社風や一緒に働く人と相性が合うか」「仕事内容は自分に合っているか」「残業や休日などの労働条件が希望に合うか」などを確かめられます。

企業様も、採用前に「社風・カルチャーに合うか」「仕事内容は合っているか」「入社後に活躍しそうか」などを確かめられます。それにより、双方が「入社後こんなはずじゃなかった」というミスマッチを防ぐことができ、入社後の定着率・エンゲージメントを向上させることもできます。
体験入社・職場見学が採用のミスマッチを防ぐ効果があることは、採用理論「RJP理論」でも証明されています。

体験入社、掲載企業例

東証一部上場からスタートアップまで、様々な企業の体験入社・職場見学求人が掲載中

■株式会社体験入社 会社概要

株式会社体験入社の会社概要はこちら

会社概要

体験入社事務局
~適職に巡り合い、仕事の喜びを感じる人を増やす~