リファラル採用の事例と3つのメリットとは?

リファラル採用のメリットと事例

こんにちは、体験入社事務局・代表の松本です。
「リファラル採用の事例と3つのメリットとは?」をご覧いただきありがとうございます。

体験入社事務局は人材業界を経験しているメンバーにより構成されています。そのため、リファラル採用に関する知識が豊富にあります。

そんな体験入社事務局が、

あなたの

「リファラル採用のメリットを知りたい」

「リファラル採用の事例を知りたい」

「リファラル採用で定着率・エンゲージメントを向上させたい」

という気持ちを解決させていただきます!

目次

▶ まず、リファラル採用の意味とは?

▶ リファラル採用の3つのメリット

▶ リファラル採用の事例とは?

■まず、リファラル採用の意味とは?

 

「リファラル(referral)」という英語の意味はご存じでしょうか?

 

「紹介、推薦」という意味です!

 

そして、「リファラル採用」の意味は、社員に知人・友人を紹介・推薦してもらって行う採用手法のことです。アメリカのIT企業が導入したことから広まり、最近では日本でも取り入れている企業も増えてきます。

自社をよく知る社員からの紹介のため、リファラル採用は他の採用手法と比較しマッチング率も高いとされています。また、採用コストも抑えられとして注目を集めています。

■リファラル採用の3つのメリット

こんな気持ちや悩みはありませんでしょうか?

「初期メンバーは、特に信頼できる人材を採用したい」

「求人広告・人材紹介を利用しているが、採用単価が高くて困っている」

「採用数の確保が難しくなり、定着率の向上に注力しようと思っている」

「採用した人材の定着率が悪く困っている」

もし、あるようでしたらリファラル採用は、貴社にはピッタリです!

なぜ、ピッタリかというとリファラル採用の3つのメリットにより上記内容を解決できるからです!

リファラル採用の3つのメリットをご紹介させていただきます!

【リファラル採用の3つのメリット】

①定着率の向上
②採用単価の削減
③信頼できる人材の採用

それでは、詳細について説明させていただきます。

〈①定着率の向上〉

社員は仕事内容や会社の雰囲気を踏まえ、どのような人材がマッチするかを求人広告や人材紹介の担当者より深く理解している可能性が高いです。また、知人・友人についてもよく理解しています。そのため、自社、求職者(知人・友人)の双方を深く理解した社員からの紹介のため、マッチング精度が格段に高まります。

そして、入社後も身近に知人・友人(紹介者)がいる状態になるため、何かあれば相談等もしやすく定着率が向上します。

さらにリファラル採用において、定着率を向上させる大きな要素があります。

何だと思いますか?

 

答えは「リアルな情報の提供」です!

 

リアルな情報とは、求人情報には記載できないような内容です。しかし!求職者が気になる内容です。

具体的には次のような内容です。

・○○のような性格な人が多い

・飲み会がけっこう多い

・ストレートに物事を言う人が多い

・プライベートも仲が良く、休日に一緒に遊んだりもする

・若いマネージャーが多く、マネージャーが年下になる場合もある

・月収は高めだが、賞与がぶっちゃけ低い

・今回、あなたが採用されたら○○を期待されている

・エンジニアは遅刻が多く、それが許させる風潮がある

・求人情報に記載している、給与例はごく一部の人で現実はこのくらい

・有給休暇は3ヶ月に1回くらいしか取れない

・残業代は月30時間以上はチェックが厳しくなる 

・繁忙期は退社時間が21時くらいになる 

リアルな情報の提供の効果は、アメリカの産業心理学者ジョン・ワナウス氏により採用理論として立証されています。

ご存じでしょうか??

 

RJP(Realistic Job Preview)理論です!

 

直訳すると「現実的な仕事情報の事前開示」という意味です。

それでは、RJP理論とはどのようなものでしょうか?

・RJP理論とは?

企業が採用活動の時に、良い面だけでなく悪い面も含めたリアルな情報を提供することをいいます。

これにより、入社後の現実と入社前のイメージとのギャップを減らし、採用のミスマッチが軽減され定着率を向上させる効果が確認されています。

具体的には求職者に対し4つの効果があります。

〈ワクチン効果〉

事前に免疫を作っておく効果です。リアルな情報を提供することにより、職場や仕事に対する過剰な期待を事前に緩和し入社後のギャップを軽減します。

〈スクリーニング効果〉

リアルな情報を含めた十分な情報を得ることにより、自分に適している企業かどうかを判断できる効果です。

〈コミットメント効果〉

リアルな情報・ありのままの情報を開示することで、誠実さを感じさせ企業への信頼度・愛着心が高まる効果です。人間関係に例えるとわかりやすいと思います。相手からありのままを隠さず素直に話されると、信頼度・愛着心が高まるのと同じ効果です。

〈役割明確化効果〉

入社後に何を期待しているか明確に伝えることで、入社後の働くイメージがしやすく仕事への意欲向上につながる効果です。

以上でございます。

上記の通り、リファラル採用における定着率の向上は、採用理論としても立証されており効果が見込まれます!

〈②採用単価の削減〉

リファラル採用では、求人広告や人材紹介と比較して約100万円以上の採用単価を削減できることもあります!求人広告の場合、掲載費用が約50~100万円掛かり、有効求人倍率が過去最高水準の今は確実に採用できるかどうかもわかりません。

人材紹介の場合は、確実に採用ができてからの費用発生になりますが、成果報酬額が年収の30%(一般的な相場)のため、年収500万円の人材を採用したら150万円の費用が発生します。

それに比べ、リファラル採用の場合は、採用決定した際に採用者を紹介してくれた社員への報酬(インセンティブ)の支払い、約3~30万円(一般的な相場)になるため、約100万円以上の採用単価を削減することも可能です。そして、リファラル採用の人材が増えるほど採用費用の削減につながります。

〈③信頼できる人材の採用〉

まだ組織の規模が小さい場合は、求人広告や人材紹介などから、元々は全く知らない人を採用するのは正直怖いかと思います。なぜなら、組織の規模が小さい時には、1人の人材が組織に与える影響が大きいからです。そして、面接という短い時間のコミュニケーションで採用要件のマッチングと本当に信頼できる人材が見抜くことは、正直いって難しいと考えております。

しかし、リファラル採用であれば、社員が責任を持って紹介してくれた知人・友人のため、信頼度は高いです。もし、面接で信頼度に関する疑問点があったとしても、紹介してくれた社員に確かめることもできます。

リファラル採用の3つのメリットについては、以上でございます。

3つのメリットはご理解いただけましたでしょうか?

それでは、実際にリファラル採用のメリットを踏まえ、リファラル採用の上手く活用している企業の事例について紹介をさせていただきます。

■リファラル採用の事例とは?

「企業のリファラル採用の導入率は約6割!」

これは、大手人材サービス企業マンパワーグループによる調査結果です。
(引用元:マンパワーグループ調査データ~最近、注目の「リファラル採用」、企業の導入率はなんと約6割!効果的な運用のための対策とは?~

あなたが思っているより、多かったでしょうか?少なかったでしょうか?

今回はリファラル採用を導入企業の中でも、私たちが考える、特に参考になる事例を紹介させていただきます。

その事例は、クラウド会計ソフト「freee」を手がける急成長企業であるfreee株式会社です。創業当初からリファラルを最大限活用し社員数500名までに至った成功事例を紹介させていただきます(引用元:20名だったfreeeを500名まで育てた採用〜freee様のエンジニア採用手法〜)。

freee株式会社でリファラル採用を推進するために意識している4つの重要ポイントがあるそうです。

4つの重要ポイントとは、何だと思いますか?

貴社においても参考にできる内容だと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

【リファラル採用を推進するための「4つの重要ポイント」】

①社員に対して友人を呼ぶというハードルを下げる

②今、自社がどんな人を必要としているかを具体的に伝える

③採用の重要性と必要性を社員に伝える

④協力者への感謝の気持ちと賞賛を伝える

4つの重要ポイントの中で、私たちが特に重要だと思うポイントは、「①社員に対して友人を呼ぶというハードルを下げる」です。

なぜなら、社員が友人に自社を紹介していきなり選考を受けてもらうより、まず会社に呼びオフィス見学をしてもらう方が圧倒的にハードルが低いからです。また、リファラル採用が気軽に感じられます。

そして、友人は一度オフィスに見学に来れば会社に対する理解、特に求職者が転職する際に重視する内容である「会社の雰囲気」「人間関係」「自分の強みを活かせる環境か」などが理解できます。その内容がマッチしていれば必ず転職の際は、転職先候補して上がってくるはずです。

freee株式会社のリクルーティングマネージャーは、次のように語っています。

「まず、入社時オンボーディングで、社員紹介の文化について伝えている。転職者にとって、社員紹介というのは認知されていない。特に日本の大手企業からの転職者は、友人を会社に呼ぶなんて信じられない、ましてやオフィス見学なんて一般的ではないと思っている。よって、最初に必ずそれを知ってもらうことを心がけている。」

以上でございます。

貴社のリファラル採用においても4つの重要ポイントを参考にしてみてください!

■最後に

貴社のリファラル採用の参考になりましたでしょうか?

少しでも、お役に立てたなら私たちはうれしく思います!

ご覧いただきありがとうございました。

■体験入社・職場見学ができる転職サイト『体験入社』について

転職サイト【体験入社】トップ画像(体験入社・職場見学で確かめれば、適職に巡り合えます)

【ブランドミッション(Brand Mission)】
「適職に巡り合い、仕事の喜びを感じる人を増やす」

体験入社・職場見学ができる転職サイト『体験入社』は、入社後のマッチングを第一に考えたサービスです。
全ての求人で、体験入社(半日〜1日体験入社、リモート体験入社)や職場見学ができます。
体験入社や職場見学を実施するタイミングは、面接合格後などです。

体験入社・職場見学を行うことにより、求職者さんは、採用前に「社風や一緒に働く人と相性が合うか」「仕事内容は自分に合っているか」「残業や休日などの労働条件が希望に合うか」などを確かめられます。

企業様も、採用前に「社風・カルチャーに合うか」「仕事内容は合っているか」「入社後に活躍しそうか」などを確かめられます。それにより、双方が「入社後こんなはずじゃなかった」というミスマッチを防ぐことができ、入社後の定着率・エンゲージメントを向上させることもできます。
体験入社・職場見学が採用のミスマッチを防ぐ効果があることは、採用理論「RJP理論」でも証明されています。

体験入社、掲載企業例

東証一部上場からスタートアップまで、様々な企業の体験入社・職場見学求人が掲載中

■株式会社体験入社 会社概要

株式会社体験入社の会社概要はこちら

会社概要

体験入社事務局
~適職に巡り合い、仕事の喜びを感じる人を増やす~