〈まとめ〉体験入社選考の導入事例とは?

〈まとめ〉体験入社選考の導入事例

こんにちは、体験入社事務局・代表の松本です。
「体験入社選考の導入事例とは?」をご覧いただきありがとうございます。

体験入社事務局は人材業界を経験しているメンバーにより構成されています。
そのため、体験入社に関する知識や情報を持っております!

そんな、体験入社事務局が、

あなたの

「体験入社選考の事例を知りたい」

「体験入社を行う選考タイミングとは?」

「体験入社のはじめ方を知りたい」

という気持ちを解決させていただきます!

目次

▶ 体験入社選考の導入事例

▶ 体験入社を行う選考タイミングとは?

▶ 採用広報でも使える?体験入社のはじめ方

■体験入社選考の導入事例とは?

体験入社選考を導入している企業の事例をまとめさせていただきましたので、ご紹介させていただきます。
ぜひ、ご参考にしていただけると幸いです。

【8社】紹介企業様

・ChatWork株式会社

・株式会社SmartHR

・Retty株式会社

・東建コーポレーション株式会社

・株式会社Globee

・株式会社Voicy

・株式会社オンテックス

・さきがけ税理士法人

【ChatWork株式会社】

社員満足度日本一のChatworkが、体験入社を行う3つの理由とは?

体験入社・職場見学ができる転職サイト『体験入社』体験入社・職場見学事例
「社員満足度日本一のChatworkが、体験入社を行う3つの理由とは?」

今は、体験入社は珍しいですが、数年後にはあたりまえになっている可能性があると思います。スキルやカルチャーがミスマッチの状態で入社してしまうと、会社と本人のお互いが本当に大変です。体験入社を行えば、それを解決することができます。(以上、一部抜粋)

【株式会社SmartHR】

引用元:SmartHR Tech Blog 2018.09.20

入社後のメンバーからもオープンな社風・文化については良い評価をいただいていますが、これって入社して中の人になってみないと実感できない部分がどうしてもあると思います。特に企業内におけるエンジニア組織って、会社によって位置づけや文化が異なりがちで、会社としてはよさそうでもエンジニアとして働くことがハッピーかと言われると、これもやっぱり「入ってみてやっとわかる」となりがちです。(以上、一部抜粋)

【Retty株式会社】

従業員数が100名を超えても、Rettyが体験入社を続ける理由とは?

体験入社・職場見学ができる転職サイト『体験入社』体験入社・職場見学事例
「従業員数が100名を超えても、Rettyが体験入社を続ける理由とは?」

これからは、体験入社制度は多くの企業が取り入れていくと考えています。特にエンジニア採用においてです。なぜなら今、エンジニアにはフリーランスとい働き方が広まっています。そんな中、会社に「入社」して働くということは、「入社」しなくても働ける働き方が広がっている中、「入社」して働くことの「価値」が重要になります。その「価値」を確かめるには面接だけでは足りないのです。体験入社で現場を見たり聞いたりして、確かめることが必要です。(以上、一部抜粋)

【東建コーポレーション株式会社】

引用元:土地活用の東建コーポレーションの人事ブログ 体験入社制度人事ブログ 2017.12.06

体験入社では職場の雰囲気を掴んだり、先輩の営業担当に同行し、営業活動内容を自分の目で確かめることが出来ます。同行している先輩社員に、様々な質問が出来るため、会社説明会や面接では、聞きにくいことも確認する事が出来て、入社するまでに不安を解消することが出来ます。(以上、一部抜粋)

【株式会社Globee】

2020年注目の教育スタートアップが『リモート体験入社』を採用する理由

体験入社・職場見学ができる転職サイト『体験入社』体験入社・職場見学事例
「2020年注目の教育スタートアップが『リモート体験入社』を採用する理由」

― 「リモート体験入社」ってなんですか?

実は私も「リモート体験入社」を経て、Globeeに入社しています。
弊社では、選考過程で行う「1日体験入社」と今の仕事を続けながらできる「リモート体験入社」を行っています。

「リモート体験入社」の期間は状況により異なりますが、約1ヶ月〜長いと1年くらいです。
今の仕事を続けながらやっていただくので、主にリモートでタスクを出し、実際の仕事に近い内容を体験してもらいます。
もちろん、Slackなどの必要なアカウントは付与をします。
そして、週1回くらいは本業の業務後などにオフィスに出社していただいてます。

― 「1日体験入社」と「リモート体験入社」の違いってなんでしょうか?

「1日体験入社」は、転職顕在層の方が対象になると考えています。
転職を前提に考えている方なので、面接実施後に体験入社を行ったりします。

「リモート体験入社」は、転職潜在層の方が対象になると考えています。
今すぐではないけど、いい会社があったら転職してもいいかなと考えている方ので、選考を実施するのではなく、まずリモートで体験入社してみませんか?というスタンスで今の仕事を続けながらできる体験入社のご提案をします。(以上、一部抜粋)

【株式会社Voicy】

Voicyがビジネス職でも体験入社をやる理由

体験入社・職場見学ができる転職サイト『体験入社』体験入社・職場見学事例
「Voicyがビジネス職でも体験入社をやる理由」

例えば、営業職の場合、履歴書や面接で確認したスキルが正しいか分からないですし、面接官によってもスキルの判断にバラつきが生じます。体験入社を行えば、履歴書や面接で確認したスキルを確かめることができますし、複数人が携わるので一人の判断にならず、スキルマッチの精度を高めることができます。求職者からしても、営業スタイルやビジネス職の組織の雰囲気は会社によって異なることが多いため、体験入社で確かめられることは大きなメリットです。(以上、一部抜粋)

【株式会社オンテックス】

引用元:日本流通産業新聞 News 2017.07.21

体験入社は2日間に渡って行われる。内定を受けた応募者は、1日目に社内で座学を行い、2日目は営業マンに同行したり、施工現場に立ち会ったりする。「こんなはずではなかった」という入社後のミスマッチをなくすことが狙いだ。体験入社後に、応募者の約3割が内定を辞退するという。(以上、一部抜粋)

【さきがけ税理士法人】

未経験採用こそ、体験入社!?さきがけ税理士法人が体験入社を行う目的とは?

体験入社・職場見学ができる転職サイト『体験入社』体験入社・職場見学事例
「未経験採用こそ、体験入社!?さきがけ税理士法人が体験入社を行う目的とは?」

未経験採用の場合は、入社して1~3ヶ月は、仕事を覚えてもらうために研修やOJTを現場が行うと思います。やっといろいろ覚えてきた入社後3ヶ月くらいのタイミングで退職してしまうとお互いにメリットがありません。体験入社を行い、入社前にお互いが不安なことを確かめれば、早期離職を防ぐことができます。(以上、一部抜粋)

■体験入社を行う選考タイミングとは?

体験入社選考の具体的な流れを紹介させていただきます。

【体験入社選考の具体的な流れ】

一般的な流れは次の通りになります。

求人応募

書類選考

書類選考合格

1次~2次面接

1次〜2次面接合格後、体験入社(面接合格者が対象)

【企業】体験入社の内容を踏まえ内定or不採用通知
【求職者】内定の場合、体験入社の内容を踏まえ、入社するか判断

※企業によっては、書類選考合格後や三次面接合格後に体験入社を行う場合があります。

【Chatwork株式会社の場合】

社員満足度日本一のChatworkが、体験入社を行う3つの理由とは?

体験入社・職場見学事例「社員満足度日本一のChatworkが、体験入社を行う3つの理由とは?」

〈体験入社を行うタイミング〉

・書類選考

・1次面接(部門のマネージャーが行い、主にスキル面などの判断をします)

・2次面接(人事が行い、主にカルチャーフィットと入社後にキャリア形成をできるか判断します)

・1日体験入社(2次面接合格後、日程を調整し体験入社を行います)

・最終面接(社長と募集部門を管掌する役員が行い、体験入社の内容も踏まえ、選考結果を判断します。基本、体験入社と同日に行います)

【体験入社選考のさらに詳しい情報】

体験入社・職場見学事例」にて紹介をしています。

■採用広報でも使える?体験入社のはじめ方

【体験入社ガイド】採用広報でも使える?体験入社のはじめ方」にて下記内容について紹介しています。

▶ 採用担当が体験入社をはじめる理由

▶ 体験入社のはじめ方

 【1】体験入社の目的を明確にする

 【2】受入現場とミーティング

 【3】必要書類の準備

 【4】体験入社を行うタイミング

【体験入社ガイド】採用広報でも使える?体験入社のはじめ方

■体験入社・職場見学ができる転職サイト『体験入社』について

転職サイト【体験入社】トップ画像(体験入社・職場見学で確かめれば、適職に巡り合えます)

【ブランドミッション(Brand Mission)】
「適職に巡り合い、仕事の喜びを感じる人を増やす」

体験入社・職場見学ができる転職サイト『体験入社』は、入社後のマッチングを第一に考えたサービスです。
全ての求人で、体験入社(半日〜1日体験入社、リモート体験入社、ワークサンプルテスト)や職場見学ができます。
体験入社や職場見学を実施するタイミングは、面接合格後などです。

体験入社・職場見学を行うことにより、求職者さんは、採用前に「社風や一緒に働く人と相性が合うか」「仕事内容は自分に合っているか」「残業や休日などの労働条件が希望に合うか」などを確かめられます。

企業様も、採用前に「カルチャーフィット」「スキルフィット」「入社後に活躍しそうか」などを確かめられます。それにより、双方が「入社後こんなはずじゃなかった」というミスマッチを防ぐことができ、入社後の定着率・エンゲージメントを向上させることもできます。
体験入社・職場見学が採用のミスマッチを防ぐ効果があることは、採用理論「RJP理論」でも証明されています。

体験入社掲載企業ロゴ

東証一部上場からスタートアップまで、様々な企業の体験入社・職場見学求人が掲載中

■株式会社体験入社 会社概要

株式会社体験入社の会社概要はこちら

会社概要

体験入社事務局
~適職に巡り合い、仕事の喜びを感じる人を増やす~