「カルチャーフィット」と「ワークサンプル」が大切な理由

カルチャーフィットを確かめる方法と事例

■私たちが考える『採用において大切な2つのこと』

なぜ、企業は人材を採用するのでしょうか?

なぜ、求職者は転職をするのでしょうか?

理由は様々あると思います。
一つだけ確実に言えることは、採用がゴールではないことです。
採用の先にある未来が、企業が人材を採用する理由、求職者が転職をする理由です。

その理由の詳細は、企業や求職者によって様々あると思います。
採用の先にある未来をよりよくするための、採用活動・転職活動をできている企業・求職者はどのくらいいるのでしょうか?

独立行政法人 労働政策研究・研修機構が公表している「早期離職の理由」のデータは次の通りです。

離職理由のデータ

(引用元:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「早期離職の理由」

「人間関係のフィット」「仕事内容のマッチング」「労働条件のマッチング」は、企業と求職者の双方の採用の先にあるよりよい未来をつくるための重要な要素です。しかし、これのミスマッチにより早期離職が発生しているのが現実です。

■なぜ、重要な要素のミスマッチが発生するのか?

理由はシンプルです。

採用前に、重要な要素をしっかり確かめてないからです。

確かめる機会をつくれば、ミスマッチが大きく改善されます。
確かめる機会が浸透してないのは(最近は、浸透してきていますが)本質的な理由があります。

重要な要素のミスマッチを防ぐためには、「採用人数の目標設定」と「採用した人材の定着率・エンゲージメントの目標設定」はどちらが大切でしょうか。

後者です。

しかし、後者の目標設定をしているパターンは、前者と比較すると少ないと思います。
重要な要素のミスマッチを防ぐためには、「採用した人材の定着率・エンゲージメントの目標設定」が大切であると私たちは考えています。

■採用した人材の定着率・エンゲージメントを向上させるには?

採用した人材の定着率・エンゲージメントを向上させるには、
「カルチャーフィットの確認」と「ワークサンプルの取得」の2つが本当に大切です。

なぜ、企業は人材を採用するのでしょうか?

なぜ、求職者は転職をするのでしょうか?

採用がゴールではなく、採用の先にある未来が、企業が人材を採用する理由、求職者が転職をする理由だと思います。
採用の先にある未来をよりよくするためには、選考過程での「カルチャーフィットの確認」と「ワークサンプルの取得」が大切であると私たちは考えています。

■カルチャーフィットを確かめる方法と事例について

カルチャーフィットを確かめる方法と事例についてはこちら

カルチャーフィットを確かめる方法と事例とは?

■グーグルが活用するワークサンプルテストについて

グーグルが活用するワークサンプルテストについてはこちら

グーグルが活用するワークサンプルテストとは?

【公式】体験入社ロゴ