「リモート体験入社」とは?

リモート体験入社とは?

こんにちは、体験入社事務局です。
「リモート体験入社とは?」をご覧いただきありがとうございます。

体験入社の種類には「半日〜1日体験入社」「リモート体験入社」「職場見学」「ワークサンプルテスト」があります。

その中の「リモート体験入社」の詳細と事例について紹介させていただきます。

目次

▶ リモート体験入社とは?

▶ リモート体験入社の事例

▶ リモート体験入社を経験した方の声

▶ リモート体験入社ができる求人一覧

■リモート体験入社とは?

「リモート体験入社」とは、リモートワークで実際の仕事を体験・見学することです。

本業の会社に勤めながら、本業の業務時間外に自宅などで行われます。実施期間は1時間〜長期間など様々です。企業様はリモート体験入社前に、面接や面談を行いリモート体験入社の実施を判断します。

主に転職を考えているけど半日〜1日体験入社の参加が難しい方や、今すぐではないけどいい会社があったら転職したいと考えている転職潜在層の方が対象になります。

また、新型コロナウイルス対策で緊急事態宣言が発動され、採用活動のオンライン化が進む中、リモート体験入社を実施する企業が増加しています。

リモート体験入社を行うことにより、求職者さんは、採用前に「社風や一緒に働く人と相性が合うか」「仕事内容は自分に合っているか」「労働環境が合っているか」などを確かめられます。

企業様も、採用前に「カルチャーフィット」「スキルフィット」「入社後に活躍しそうか」などを確かめられます。それにより、双方が「入社後こんなはずじゃなかった」というミスマッチを防ぐことができ、入社後の定着率・エンゲージメントを向上させることもできます。

・具体的な例

【体験内容】

実際の仕事をリモートワークで体験できます

・エンジニア職の場合
システム開発、プロダクトMTGなど

・デザイン職の場合
UI/UXデザインなど

・ビジネス職の場合
企画や戦略の立案、課題解決など

※企業様が上記内容をリモートワークで実施することが難しい場合、ミーティング・ディスカッションの参加体験を実施することが多いです

【体験タイミング】

・転職を前提に考えている場合は、1次面接合格後
・よければ転職したいと考えている場合は、面談実施後

【体験時間】

・本業の業務時間後や空いている時間、休日など
・週5〜25時間が平均的で、1週間〜1ヶ月に1度オフィスに出社するパターンが多い
・ミーティング・ディスカッション参加体験の場合は、スポットで1〜2時間

【体験方法】

・リモートワーク(ZoomなどのWeb会議システムを使用)
・コミュニケーションに必要なSlack・Chatworkや、開発・デザインに必要なGitHubなどのアカウントは付与されることが多い

【給与の発生】

・短期間(1日以内)の場合は、発生しないことが多い
・長期間の場合は、発生することが多い
・詳しくは「体験入社時の賃金・給与について」にて紹介

■リモート体験入社の事例

・株式会社Globee様

AppStore/GooglePlayStoreランキング1位を獲得したAI 英語教材アプリ『abceed』の開発・運営をする株式会社Globeeでは、求職者の方の状況に合わせて「1日体験入社」か「リモート体験入社」を実施しています。

2020年注目の教育スタートアップが『リモート体験入社』を採用する理由

体験入社・職場見学事例「2020年注目の教育スタートアップが『リモート体験入社』を採用する理由」

― 「リモート体験入社」ってなんですか?

実は私も「リモート体験入社」を経て、Globeeに入社しています。
弊社では、選考過程で行う「1日体験入社」と今の仕事を続けながらできる「リモート体験入社」を行っています。

「リモート体験入社」の期間は状況により異なりますが、約1ヶ月〜長いと1年くらいです。
今の仕事を続けながらやっていただくので、主にリモートでタスクを出し、実際の仕事に近い内容を体験してもらいます。
もちろん、Slackなどの必要なアカウントは付与をします。
そして、週1回くらいは本業の業務後などにオフィスに出社していただいてます。

― 「1日体験入社」と「リモート体験入社」の違いってなんでしょうか?

「1日体験入社」は、転職顕在層の方が対象になると考えています。
転職を前提に考えている方なので、面接実施後に体験入社を行ったりします。

「リモート体験入社」は、転職潜在層の方が対象になると考えています。
今すぐではないけど、いい会社があったら転職したいと考えている方ので、選考を実施するのではなく、まずリモートで体験入社してみませんか?というスタンスで今の仕事を続けながらできる体験入社のご提案をします。(以上、一部抜粋)

・株式会社Lang-8様

体験入社率100%。従業員12名が全員体験入社を行い入社に至っている株式会社Lang-8では、「半日〜1日体験入社」と「リモート体験入社」を求職者の方の状況に合わせて実施しています。

まず、やれることから情報をオープンに。体験入社率100%のLang-8が語る、採用のミスマッチを防ぐ方法

体験入社・職場見学事例「まず、やれることから情報をオープンに。体験入社率100%のLang-8が語る、採用のミスマッチを防ぐ方法」

【体験入社日数について】

半日~1ヶ月。求職者の方の希望と状況に合わせて実施しています。
在職中で長い時間の参加が難しい方は、仕事が終わった後や半日だけ、職場見学やランチをして、タスクはリモートで行うこともできます。(以上、一部抜粋)

・SOELU株式会社様

人気急上昇中オンラインフィットネス『SOELU』を展開しているのSOELU株式会社では「リモート体験入社」を積極的に実施しています。

【SOELU株式会社】人気急上昇中オンラインフィットネス『SOELU』のiOSエンジニア◆リモート体験入社可

【SOELU株式会社】人気急上昇中オンラインフィットネス『SOELU』のiOSエンジニア◆リモート体験入社可

■リモート体験入社を経験した方の声

「今の仕事を続けながら、休みも取らずにできるのでおすすめです。リモート体験入社でもカルチャーや仕事内容は十分理解することができます。なぜなら、実際の仕事もオンライン上で進めたり、コミュニケーションはSlackで行われるので、リモート体験入社でもそれは体験することができるからです。」(2020年3月)

「リモート体験入社では、Zoomでのミーティングに参加させていただきました。ミーティングでは、みなさん積極的に意見を出していたので、会社の雰囲気がよく分かりました。1時間程でしたが、これを体験することで面接では分からなかったリアルな雰囲気が分かってよかったです。」(2020年4月)

■リモート体験入社ができる求人一覧

転職を考えている仕事にリモート体験入社して「社風や一緒に働く人と相性が合うか」「仕事内容は自分に合っているか」「労働環境が合っているか」を確かめて転職したいという気持ちを解決できます。

リモート体験入社ができる求人一覧はこちらより

【公式】体験入社ロゴ

■仕事のリアルな情報が見られる転職サイト『体験入社』について

【2020年7月】トップロゴ

東証一部上場からスタートアップまで、様々な企業の体験入社オリジナル求人が掲載中!

仕事のリアルな情報が見られる転職サイト『体験入社』は、全ての求人で「体験入社」「職場見学」の実施、または「体験入社動画」を見ることができます。

「体験入社」「職場見学」の実施、または「体験入社動画」を見ることにより、求職者さんは採用前に「社風や一緒に働く人と相性が合うか」「仕事内容が合うか」「働き方のスタイルが合うか」などを確かめられます。

企業様も、採用前に「カルチャーフィット」「スキルフィット」などを確かめられます。それにより、入社後のミスマッチを防ぎ、定着率・エンゲージメントの向上が実現されます。体験入社の採用のミスマッチを防ぐ効果は、採用理論「RJP理論」でも証明されています。

体験入社動画について

体験入社動画は、今までにない新しいサービスです。

体験入社モデルが求人企業に1日体験入社をして「どんな社風・どんな人が働いているのか」「どんな仕事内容なのか」「どんな働き方のスタイルなのか」といった、普段は見ることができない仕事のリアルな情報をお伝えします。

・体験入社動画例

【企業名】
株式会社リブセンス

【タイトル】
「新しい働き方のスタイル 体験入社」

代表の村上氏が史上最年少で東証一部に上場した会社としても知られているリブセンス。「リアルな仕事内容」「働いている人の雰囲気」「新しい働き方のスタイル」についてお伝えします!

【株式会社リブセンス求人URL】
リブセンスの求人情報はこちらより

◆ブランドミッション(Brand Mission)◆
「適職に巡り合い、仕事の喜びを感じる人を増やす」